ニキビ予防

大人ニキビを予防するためには、生活習慣や食生活を改善していく他に、洗顔なども重要なポイントになってきますが、洗顔で一体何を落とすのでしょうか?
MENU

ニキビ予防のために押さえていきたいポイント:洗顔で一体何を落とす?

ニキビ予防

 

 

思春期の時期にニキビができやすいイメージがあります。しかし、大人になってからも、ニキビができる場合には、生活習慣や食生活などが乱れていることが原因の場合もあります。
大人ニキビを予防するためには、生活習慣や食生活を改善していく他に、洗顔なども重要なポイントになってくるでしょう。

 

洗顔では、肌に付着した汚れや汗、余分に分泌されてしまった皮脂などを洗い流します。そうすることで、肌を清潔な状態に保ち、肌荒れやニキビの予防にもなるでしょう。

 

 

 

ですが!

 

洗顔時には、注意も必要です。それは・・・

 

 

 

「洗い過ぎないこと」

 

 

 

皮脂は毛穴を詰まらせる原因の一つであり、大人ニキビの原因になることもありますが、肌を外部から保護する役割、また、肌の乾燥を防ぐ役割などもあるため、丁寧に洗顔してしまうと、肌にある皮脂のほとんどを洗い流してしまうことがあります。

 

肌に皮脂がほとんどない状態では、外部からの刺激に弱くなり、肌が乾燥しやすい傾向があります。また、体内では、肌に皮脂がない状態になると、過剰に皮脂を分泌してしまうこともあります。そのため、皮脂分泌量過剰の状態では、せっかく洗顔をしても毛穴が詰まりやすい状態になることもあるため、洗顔時には、適度に汚れや余分な皮脂を洗い流すように心がけることが大切です。

 

 

洗顔後は、化粧品などを用い、肌に水分を与え、肌の状態を整えましょう。

 

また、しっかりと保湿をすることで肌の乾燥を防ぎ、きれいな肌を維持できるように心がけていくことも大切です。

 

 

このページの先頭へ