うなじニキビ 粉瘤

「ちっとも治らないニキビがある!」触ってみると、しこりになっていて、ニキビ治療薬を塗っても治らないあなたは、もしかするとそれ、“粉瘤(ふんりゅう)”かもしれませんよ。
MENU

うなじに大きい吹き出物?!これってニキビ?それとも粉瘤?

うなじニキビ,粉瘤

 

 

うなじニキビってできやすい人はできやすいですよね。

 

でも、

 

「ちっとも治らないニキビがある!」

 

なんて、人はいませんか?

 

触ってみると、しこりになっていて、ニキビ治療薬を塗っても治らないあなたは、もしかするとそれ、“粉瘤(ふんりゅう)”かもしれませんよ。

 

 

私も最初は聞いたことない名前だなと思いましたが、誰にでも皮膚のどこでもできるもので、良性の腫瘍なのです。別名アテロームとも呼ばれています。

 

腫瘍って聞くと怖いですよね。

 

最初はニキビと似ていますが、悪化するとどんどん大きくなって、20pぐらいの大きさになってしまうこともあるんです!

 

 

 

うなじニキビと似ている粉瘤の特徴って?

 

うなじニキビ,粉瘤

この“粉瘤”の特徴は、触ってみると、しこりになっていて硬く、中央に黒い穴があるのが特徴です。

 

中にはホコリなどの老廃物が溜まっていて、押し出すと、白いものが出てきます。嫌な臭いがすることもあります。

 

この“粉瘤”ができてしまった場合、自然に治ることはありません。

 

 

そういえば、私にもできてしまったことがあります。

 

“粉瘤”とは知らず、無理やり押し出してしまったことが何回かあります。

 

でも、この行為、すごく危険なことだったんです・・・

 

 

「自分で潰すのは絶対いけません!!」

 

 

中に雑菌が入って炎症を起こし、化膿させてしまうこともあります。

 

また、身体の内部側で破裂してしまった場合は、腹膜炎やリンパ管炎などの病気を引き起こしてしまうこともあるんです。

 

 

私は、自分で押し潰した時は、雑菌も入らずに完治していたので、すごく運がよかったのかなと思います・・・絶対真似しないでくださいね!

 

 

では、この“粉瘤”がうなじやその他の部位に発生してしまった場合はどうしたらよいのでしょう。

 

自然に治らないということは、もうお医者さんに頼るしかありません。小さいうちに皮膚科にいき、切除してもらいましょう。

 

 

特に顔の場合は、“粉瘤”が小さいうちに行くのが一番いいです。

 

化膿してしまってからだと、手術しても、痕が残ってしまうかもしれません。

 

放置せず、気になったら、早期治療が大切ですよ。

 

 

 

このページの先頭へ